SEO対策で活かせるディスクリプション

SEOから始めるサイト更新のモチベーションアップ

SEO対策で活かせるディスクリプション

SEO対策をする為には、何よりもタイトルが重要になります。ですが、どんなタイトルをつければ、読者の興味をひくのか解りませんよね。また、キーワードを沢山盛り込みすぎてしまいますと、うっかりタイトルが長くなってしまう可能性もあります。万が一タイトルが長くなってしまった場合には、ディスクリプションを活かしましょう。ディスクリプションは、ページのコンテンツにそのキーワードが含まれている事で、太字で表示されます。
ですので、仮にタイトルが長くなってしまって、検索結果でカットされてしまったとしても、他で伝えたいキーワードが上手に太字になって表示してくれますので、読者の目に留まりやすくなります。読者の目に留まってくれれば、たとえ多少タイトルが長かったとしても、コンテンツを読んでくれる可能性がありますよね。ですので、タイトルが長くなりすぎてしまっても、失敗だとは思わないで、必ずディスクリプションを活かすようにしましょう。そうすればSEO対策もバッチリですよ。

SEO対策で意外と知らない落とし穴

SEO対策を打つためには、色んなルールがあります。ですが、ルールと申しましてもそこまで難しいものはありません。ですので、ちょっと知識をつけておけば、誰でも簡単に回避する事が出来るものは沢山あります。では、そんな中でも、SEO対策で意外と知られていない落とし穴とは、一体何なのでしょうか。それは、サイト内でタイトル重複をしてしまいますと、コンテンツを大量に保有しているサイトだという事で、逆に評価が下がる可能性があります。
ですので、先ずはページ固有のタイトルをしっかりと付けるように意識をしましょう。その上で、同じタイトルをいくつもつけているページを作らないように心がけてください。それを意識するだけでも、十分にSEO対策を打つことが出来ますので、大変おすすめです。また、大量に似たようなコンテンツが作られてしまうようなサイトを作っている場合には、絶対に事前にルールを作って、無駄に同じタイトルが増えすぎないように配慮をしましょう。

最新記事

  • 効果的な対策

    SEO対策をすることはホームページを運営する上で必要になる集客方法の一つですが、具体的に効果がある対策方法となると …

  • 個人サイトでの使用

    SEOとは検索エンジン最適化というもので、自分のホームページをいかに検索エンジンに表示されやすくするかという技術で …

  • 有利なレイアウトとは

    SEOにおいて検索エンジンの評価を高めて有利にはたらくサイトのレイアウトとはどういったものでしょうか。これはま …